北九州市道路公社 Kitakyushu City Road public corporation
トップ(若戸交通情報)に戻る
公社からのお知らせ
通行料金及び回数券について
障害者の割引きについて
落下物について
若戸大橋・若戸トンネルについての概要
若戸大橋の通行台数
不正通行車両への対応について
北九州道路公社について
北九州市道路公社請負工事成績優秀表彰等について
Link
お問い合わせ
交通規制情報メール配信サービス登録受付 あなたのメールアドレスを登録して下さい。
登録を行うと若戸大橋に関する交通情報をメール配信します。
登録する場合 メールアドレスを入力して、登録を押して下さい
メール配信を止める場合登録したメールアドレスを入力して、解除を押して下さい。

若戸大橋・新若戸道路についての概要
 
若戸大橋
若戸大橋は、北九州市を横断する国道199号(門司区~八幡西区)のうち、洞海湾に架設された我が国最初の吊り橋を含む、全長2.1kmの一般有料道路です。
旧日本道路公団が昭和33年4月に事業着手し、昭和37年9月に供用開始されました。その後、交通量の増大に伴い、昭和59年4月に4車線に拡幅する事業に着手し、昭和62年5月に歩道を廃止し、平成2年3月に拡幅部の供用をおこない現在に至っています。
若戸大橋は若松区と戸畑区を結ぶ主要幹線道路ですが、若松区民にとっては、生活道路的な意味合いをもっています。

詳細については、下記ファイルをご覧ください。
若戸大橋概要図 [PDF/2.48MB]
有料道路名 若戸大橋 設計速度 50km/h
事業費 225億円(当初51億円)
(拡幅174億円)
工事
期間
当初 昭和34年3月〜昭和37年9月
拡幅 昭和59年5月~平成2年3月
延長 約2.1km 供用
開始
当初 昭和37年9月27日
道路規格 第4種第1級 拡幅 平成2年3月31日
 
新若戸道路
若戸トンネルは、新たに洞海湾を横断して若松区と戸畑区を結節する道路であり、響灘大水深コンテナターミナルのメインアクセス道路として、また、若戸大橋をはじめとする道路網を補完する幹線道路網として整備されるものです。
また、国際交流インフラ推進事業の指定を受け、物流拠点とアクセス道路の一体的整備を推進する必要があり、港湾と道路の共同事業で整備を進めています。更に、橋梁である若戸大橋とのリダンダンシーを確保するため、沈埋トンネル構造を用いています。
北九州市道路公社は、トンネル設備や 道路照明等を施工しており、若戸トンネル の供用開始後は、有料道路として若戸大橋 と一元管理を行います。
新若戸道路(若戸トンネル)開通のお知らせ [PDF/0.5MB]
若戸トンネル概要図 [PDF/1MB]
道路名 若戸トンネル 設計速度 60km/h
事業手法
臨港地区・航路区域 →港湾整備事業
その他区域   →街路事業
道路全域   →有料道路事業
道路規格 第2種第2級 2.1km
工事期間 H12年度~
延長 約2.1km 開通 平成24年度~
北九州市道路公社 Copyright(C)2006Kitakyushu City Road public corporation.All rights reserved.